織田信忠 花押 缶バッジ
型番 PB-ODANOBUTADA1
販売価格

220円(税20円)

購入数

織田信忠 花押 缶バッジ

価格¥216(税込)
サイズ:直径が約25mmの円形
カラー:黒地に白字


缶バッジの裏側です。


ベースボール・キャップに取り付けてみました。(見本には徳川家康公の商品を使用しています)


ニット・キャップに取り付けてみました。(見本には徳川家康公の商品を使用しています)


ショルダー・バッグのストラップに取り付けてみました。(見本には徳川家康公の商品を使用しています)


サイズが100mm及び150mmの商品もございます(別のショップになります)。下記画像をクリックの上、御確認下さいませ。

花押シリーズ 織田信忠



織田信長の嫡子で、後継者の地位にあった信忠公の花押を元に缶バッジに仕上げました。

花押の意匠は天下人の後継者に相応しい、よくまとまったものに見えます。若さや、勢いに任せたようなところがない、丁寧な筆致には、生真面目な性格や、高いレベルの教育を受けていた様子が窺えます。

父信長が「麟」の文字を元にした花押を使用していた事が良く知られていますが、恐らく、信忠も父の例に習って、何らかの理念を託した文字を元に花押をデザインしたと思われますが、意匠の由来については、はっきり判らないというのが、正直なところです。

そのまま「忠」という文字にも見えなくはないのですが…ただ、信忠は元服当初は「信重」を名乗っていて、その頃から花押の形態に変化が見られないそうです。となると先に花押に「忠」の文字を選んで、改名が後に来たのではないかと…これは私の根拠のない想像ですけれど。

聞いたことのない事例ですが、本能寺の変で父に殉じた最期を思うと、そうした考え方があってもおかしくはないかな…と思えるのです。



花押とは?…文書に添えられる直筆の署名に類する印、サインの事を言います。現在でも、内閣総理大臣をはじめとする各閣僚が、それぞれ花押を用いて法令などにサインをしています。
その意匠は自身の名や理念、あるいは動物をデザイン化したものまで様々…その人柄を偲ぶことが出来ます




  • 画面の最初に戻る
  • Just MyShop(ジャストシステム)


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら