鍋島直茂 花押 携帯ストラップ/キーホルダー(2色刷/10種)
型番 鍋島直茂01
販売価格

880円(税80円)

購入数
仕様
カラー

オプションの価格詳細はコチラ

鍋島直茂 花押 携帯ストラップ/キーホルダー

価格(Sサイズ)¥864(税込)
サイズ:アクセサリー部分の一辺が約23mmの正方形

価格(Mサイズ)¥972(税込)
サイズ:アクセサリー部分の直径が約26mmの円形


SサイズとMサイズとの大きさを五百円硬貨と比較してみました。

フィルム状のステッカー台紙に印刷の上、透明樹脂製のドーム・シールを手作業にて貼り付けて、耐久性や光沢感を出してあります。

下の写真のようにキーホルダー仕様もご用意しております。「仕様」欄にて選択出来ます(写真は足利尊氏の図柄です)。




色の組み合わせを選ぶことができます。下の色見本から選んで「カラー」欄にて選択して下さい。(見本には上杉景虎の花押を使用しております)

黒地に白黒地に赤黒地に金赤地に黒赤地に金
黒地に白黒地に赤黒地に金赤地に黒赤地に金
青地に白青地に赤金地に黒金地に赤白地に黒
青地に白青地に赤金地に黒金地に赤白地に黒



肥前の戦国大名、龍造寺氏の主席家老の身から、豊臣秀吉、徳川家康といった天下人の信頼を得て龍造寺家臣団を吸収し、佐賀藩祖となった鍋島直茂の花押を元に携帯ストラップ/キーホルダーとしました。

その意匠は全体に丸みがある中に、鋭い線やハネを配したメリハリの効いたデザインです。現代人から見ると、ミジンコのようにも見えますが…。

恐らく、花押左上方は「直」の文字の旧字体を略したもので、花押の中央から右上に二本の鋭い線が交差しているのは「茂」の文字の右下部分でしょう。

また、全体を丸く囲むという手法は現代人の我々でも、職場や家庭でのちょっとした署名に使うことが多いかと思いますが、言い換えれば最も伝統的な手法とも言えます。

これは、結果として直茂は龍造寺氏をその実力、人望をもって大きな混乱もなく乗っ取ってしまうわけですが、鍋島氏には宇陀源氏の一流が肥前に在地武士化したという説があり、そうした出自の良さ、つまり家格として、主家の龍造寺氏に劣るものではないという事をアピールする為に採用したデザインだったのではないか、とも思えます。

実際のところ、この花押は、とてもバランスの良いデザインに見えますし、鍋島直茂という人物の大きさ、「只者ではないな」という人柄を如実に示しているように思います。



鍋島直茂公略歴(1538-1618)
肥前の戦国大名、龍造寺氏の家老鍋島清房の次男。龍造寺氏とは姻戚関係でも結ばれており、筆頭家老として主家を補佐し、龍造寺氏を豊後の大友氏、薩摩の島津氏と並ぶ大大名へと躍進させる事に成功する。しかし、それに伴って増長する主君龍造寺隆信との関係は次第に冷えたものになり、側近から遠ざけられていったと言われている。

天正十二年に主君龍造寺隆信が沖田畷の合戦で島津氏の前に討死すると、隆信の子、政家を引き続き補佐し、島津氏に対して恭順の姿勢を示しつつ、豊臣秀吉に接近する。これを高く評価した秀吉は九州平定後、直茂を独立した大名として扱い、病弱であった龍造寺政家に代わって龍造寺家臣団を率いて朝鮮への出兵を命じた。

秀吉の死後は徳川家康に接近、関ヶ原合戦時は居城の佐賀に在城していたが、子の勝茂が西軍に加わると、これを思いとどまらせて決戦後にいち早く家康に謝罪して、九州の西軍諸将を討伐して、本領安堵を得た。その後は徳川幕府に忠実に仕え、佐賀藩主の座を龍造寺氏から名実共に譲られる事になるが、龍造寺一門、及び家臣団の大半が、鍋島氏藩主就任を支持する中、龍造寺氏総領の政家、高房父子は鍋島氏を深く恨み、高房は自害して果てた。

直茂自身は佐賀藩主の地位に就くことは終生なく、子の勝茂を藩主として立て、自らは81歳の長寿を全うした。


花押とは?…文書に添えられる直筆の署名に類する印、サインの事を言います。現在でも、内閣総理大臣をはじめとする各閣僚が、それぞれ花押を用いて法令などにサインをしています。
その意匠は自身の名や理念、あるいは動物をデザイン化したものまで様々…その人柄を偲ぶことが出来ます



※ドーミング商品については、戦国グッズに限らず、下の写真のような、オリジナルデザインによる特典物など、お客様にご提案がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。(ウェブページ最上部の"CONTACT"をクリックして頂くと、メール・フォームが表示されます)

ハメパチ&ドーム商品サンプル




  • 画面の最初に戻る
  • Just MyShop(ジャストシステム)


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら