北条氏邦 花押 携帯ストラップ/キーホルダー(2色刷/10種)
型番 北条氏邦01
販売価格

880円(税80円)

購入数
仕様
カラー

オプションの価格詳細はコチラ

北条氏邦 花押 携帯ストラップ/キーホルダー

価格(Sサイズ)¥864(税込)
サイズ:アクセサリー部分の一辺が約23mmの正方形

価格(Mサイズ)¥972(税込)
サイズ:アクセサリー部分の直径が約26mmの円形


SサイズとMサイズとの大きさを五百円硬貨と比較してみました。

フィルム状のステッカー台紙に印刷の上に、透明樹脂製のドーム・シールを手作業にて貼り付けて、耐久性や光沢感を出してあります。

下の写真のようにキーホルダー仕様もご用意しております。「仕様」欄にて選択出来ます(写真は足利尊氏の図柄です)。



携帯ストラップを選択いただいたお客様には、イヤホンジャック用ストラップパーツをお付けします。iPhoneをはじめとするスマートホンをご利用のお客様の一助になれば幸いです(写真は大石良雄の図柄です)。




色の組み合わせを選ぶことができます。下の色見本から選んで「カラー」欄にて選択して下さい。(見本には上杉景虎の花押を使用しております)

黒地に白黒地に赤黒地に金赤地に黒赤地に金
黒地に白黒地に赤黒地に金赤地に黒赤地に金
青地に白青地に赤金地に黒金地に赤白地に黒
青地に白青地に赤金地に黒金地に赤白地に黒



※別店舗となりますが、このような商品も取り扱っております。

花押シリーズ 北条氏邦
花押シリーズ 北条氏邦




北条氏康の三男(長男早世のため、厳密には四男)で、武蔵鉢形城主として、その勢力拡大に貢献した氏邦の花押をモチーフにした携帯ストラップ/キーホルダーです。

実は史料上「北条氏邦」と名乗った事は確認できないそうで、養子として入った藤田姓を名乗っていたそうです。毛利家の吉川元春、小早川隆景と同じですね。

花押は一見して左側に「乙」の文字が確認でき、幼名の「乙千代丸」から取っている事が予測できます。この他に「氏」の文字を引っくり返して中央に、「邦」の文字のおおざとを引っくり返して右側に配して花押として整えたように思います。

北条氏の有力者では、もっとも判りやすいといいますか、シンプルな意匠の花押を採用しています。他の歴代当主をはじめとする一族は偽造対策のため、複雑な意匠を採りいれていますが…なかなか豪胆な人物であったように思えます。



北条氏邦公略歴(1541-1597)

北条氏康の四男で、武蔵天神山城主藤田康邦の元に養子として入り、家督を相続する。藤田一族との関係は決して良好なものではなかったようであり、後に粛清している。

居城を天神山から鉢形に移して大規模な改装を施した他、北方の上野国方面への備えとして、軍事、内政を統轄した。

真田昌幸と国境を接し、長い間抗争を続けており、豊臣秀吉の介入、裁定を仰ぐ事になるも、家臣の猪俣邦憲が秀吉の裁定を破って名胡桃城を攻略し、秀吉の怒りを買って小田原征伐の口実を与えてしまう。

秀吉軍との対決にあたって小田原城外における決戦を主張したといわれているが、退けられた事で、自身は鉢形城に立て籠もり、前田利家、上杉景勝、真田昌幸らを迎え撃ち、三ヶ月余の攻防の末、降伏、開城する。主戦論者の一人にも関わらず、前田利家の仲裁で一命を救われ、その後は金沢に引き取られて余生を過ごし、57歳で没した。


花押とは?…文書に添えられる直筆の署名に類する印、サインの事を言います。現在でも、内閣総理大臣をはじめとする各閣僚が、それぞれ花押を用いて法令などにサインをしています。
その意匠は自身の名や理念、あるいは動物をデザイン化したものまで様々…その人柄を偲ぶことが出来ます




  • 画面の最初に戻る
  • Just MyShop(ジャストシステム)


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら