浅野長政(長吉) 花押 携帯ストラップ/キーホルダー(2色刷/10種)
型番 浅野長政01
販売価格

880円(税80円)

購入数
仕様
カラー

オプションの価格詳細はコチラ

浅野長政(長吉) 花押 携帯ストラップ/キーホルダー

価格(Sサイズ)¥880(税込)
サイズ:アクセサリー部分の一辺が約23mmの正方形


五百円硬貨と並べて大きさを比較してみました。(写真は織田信長公の図柄です)

フィルム状のステッカー台紙に印刷の上、透明樹脂製のドーム・シールを手作業にて貼り付けて、耐久性や光沢感を出してあります。

下の写真のようにキーホルダー仕様もご用意しております。「仕様」欄にて選択出来ます(写真は足利尊氏の図柄です)。




色の組み合わせを選ぶことができます。下の色見本から選んで「カラー」欄にて選択して下さい。(見本には上杉景虎の花押を使用しております)

黒地に白黒地に赤黒地に金赤地に黒赤地に金
黒地に白黒地に赤黒地に金赤地に黒赤地に金
青地に白青地に赤金地に黒金地に赤白地に黒
青地に白青地に赤金地に黒金地に赤白地に黒


豊臣政権の五奉行の一人である、浅野長政の花押を元にした携帯ストラップ/キーホルダーです。

浅野長政と言う人物は、その生涯の多くを「長吉」と名乗っており、「長政」と名乗ったのは秀吉没後、徳川の時代になってからです。恐らく「長吉」の「吉」の字は秀吉からの拝領だと思われますが…。この花押も「長吉」時代のものです。

花押の意匠はかなり手の込んだもので、その立場と同じく、五奉行筆頭というべき仕上がりになっています。特に関東、奥羽の諸大名との外交折衝を担当していたそうで、伊達政宗とはトラブルも起こしています。そう考えると、こうした細かい意匠になったのも納得出来ます。

長政自身、囲碁が趣味であったそうで、黒田如水や徳川家康と対局していたとの逸話を読んだことがあります。元来、几帳面な性格の人物であったようにも思えます。

全体のデザインは「長」の文字を裏返して横に倒した部分を基調にしたと思われます。鋭角的で刺々しい部分が多いのも特徴で、気性の激しさのようなものも感じさせます。



浅野長政公略歴(1547-1611)

元は尾張の安井氏の出であったが、男子のいない浅野氏に婿養子として入り、これを相続する。同じく浅野氏に養女として入っていた義理の妹、おねが木下秀吉と婚姻した事が縁となり、秀吉配下でも貴重な一門の将として諸国を転戦するようになる。

織田信長の死後、主君秀吉の出世と共に長政自身も若狭〜甲斐と一国を領する大名の地位を得る。

一軍を率いて武功を挙げるだけでなく、秀吉側近として諸大名との間に入って外交折衝にも奔走するなど、豊臣政権への貢献度は絶大で、秀吉晩年においては五奉行の筆頭格として、政権を支える地位を得る。

秀吉の死後は、反徳川家康路線で結束する他の四奉行とは一線を画して徳川家康に接近する。前田利長と共に徳川家康の暗殺を計画したとの噂が出たのを期に隠居し、家督を子の幸長に譲り、自らは家康の側に身を置いた。

関ヶ原合戦後、子の幸長が紀伊37万石に加増移封され、長政にも隠居領として常陸に5万石を与えられる。

慶長十六年に65歳で死去。


花押とは?…文書に添えられる直筆の署名に類する印、サインの事を言います。現在でも、内閣総理大臣をはじめとする各閣僚が、それぞれ花押を用いて法令などにサインをしています。
その意匠は自身の名や理念、あるいは動物をデザイン化したものまで様々…その人柄を偲ぶことが出来ます



※ドーミング商品については、戦国グッズに限らず、下の写真のような、オリジナルデザインによる特典物など、お客様にご提案がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。(ウェブページ最上部の"CONTACT"をクリックして頂くと、メール・フォームが表示されます)

ハメパチ&ドーム商品サンプル




  • 画面の最初に戻る
  • Just MyShop(ジャストシステム)


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら