毛利隆元 花押 携帯ストラップ/キーホルダー(2色刷/10種)
型番 毛利隆元01
販売価格

880円(税80円)

購入数
仕様
カラー

オプションの価格詳細はコチラ

毛利隆元 花押 携帯ストラップ/キーホルダー

価格(Sサイズ)¥880(税込)
サイズ:アクセサリー部分の一辺が約23mmの正方形

上の写真のような円形のMサイズは現在、販売しておりません。下の写真のようなSサイズのみの販売となります。


Sサイズを五百円硬貨と並べて大きさを比較してみました。(写真は織田信長公の図柄です)

フィルム状のステッカー台紙に印刷の上、透明樹脂を盛る「ドーミング」処理を手作業にて施し、耐久性や光沢感を出してあります。

下の写真のようにキーホルダー仕様もご用意しております。「仕様」欄にて選択出来ます(写真は足利尊氏の図柄です)。



携帯ストラップを選択いただいたお客様には、イヤホンジャック用ストラップパーツをお付けします。iPhoneをはじめとするスマートホンをご利用のお客様の一助になれば幸いです(写真は大石良雄の図柄です)。




色の組み合わせを選ぶことができます。下の色見本から選んで「カラー」欄にて選択して下さい。(見本には北条義時公の花押を使用しております。)

黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青



毛利元就の長子で、将来を嘱望されながら父に先立って急死した隆元公の花押を元に、携帯ストラップ/キーホルダーに仕上げました。

父元就の用心深い性格が反映されたかのような複雑な意匠とはガラリと変わった、洗練されたシンプルでシャープな印象を与えるデザインを採用しています。

基本的には、室町将軍家の花押型式である「足利様」を元にデザインされているように見えます。ただ、花押全体の高さの約半分を占める右下に伸びる部分は「足利様」にはない特徴的な部分です。

これは隆元の弟である小早川隆景や、大内氏の重臣陶隆房(後の晴賢)にも共通しています。三人とも主筋にあたる大内義隆から「隆」の字を拝領しており、この意匠は「隆」のこざとへんを裏返しにして花押に取り入れた事を意味していると思われます。他の部分がちょっと判りかねますが…父元就が自身の幼名「松寿丸」を取り入れているように思われるので、隆元公も自身の幼名「少輔太郎」から取り入れているのかもしれません。

隆元は幼少時代、人質として山口の大内義隆の元にあって「西の小京都」とよばれた雅な文化に接しており、能や茶道も学んでいたようで、そうした素養が花押の意匠にも反映されたとも言えるでしょう。



毛利隆元公略歴:(1523-1563)

毛利元就の長男で、後の五大老の一人、萩藩祖にあたる輝元の父。

少年時代は周防山口の大内義隆の元に人質として出されており、その間に元服して「隆元」と名乗る。数年で安芸に帰国を許されたが、ほどなくして父元就の後見を得て、家督を相続する。

家督相続後は、父や弟達と共に、山陰山陽北九州各地を転戦するが、永禄六年出雲遠征の途次、41歳で急死する。毒殺説もある。後に隆元死亡時に周囲にあった毛利家臣団が粛清されている。


花押とは?…文書に添えられる直筆の署名に類する印、サインの事を言います。現在でも、内閣総理大臣をはじめとする各閣僚が、それぞれ花押を用いて法令などにサインをしています。
その意匠は自身の名や理念、あるいは動物をデザイン化したものまで様々…その人柄を偲ぶことが出来ます


※ドーミング商品については、戦国グッズに限らず、下の写真のような、オリジナルデザインによる特典物など、お客様にご提案がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。(ウェブページ最上部の"CONTACT"をクリックして頂くと、メール・フォームが表示されます)


ハメパチ&ドーム商品サンプル


  • 画面の最初に戻る


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら