毛利元就 花押 携帯ストラップ/キーホルダー(2色刷/10種)
型番 毛利元就01
販売価格

880円(税80円)

購入数
仕様
カラー

オプションの価格詳細はコチラ

毛利元就 花押 携帯ストラップ/キーホルダー

価格(Sサイズ)¥880(税込)
サイズ:アクセサリー部分の一辺が約23mmの正方形

上の写真のような円形のMサイズは現在、販売しておりません。下の写真のようなSサイズのみの販売となります。


Sサイズを五百円硬貨と並べて大きさを比較してみました。(写真は織田信長公の図柄です)

フィルム状のステッカー台紙に印刷の上に、透明樹脂製のドーム・シールを手作業にて貼り付けて、耐久性や光沢感を出してあります。

下の写真のようにキーホルダー仕様もご用意しております。「仕様」欄にて選択出来ます(写真は足利尊氏の図柄です)。




色の組み合わせを選ぶことができます。下の色見本から選んで「カラー」欄にて選択して下さい。(見本には北条義時公の花押を使用しております。)

黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青


一代で安芸国の一国人にすぎなかった毛利氏を西日本最大の戦国大名へと成長、飛躍させた英雄毛利元就公の花押です。

その花押の意匠は、偽造などへの対策と思われますが、非常に複雑なものです。例えば花押右下の二か所の点も普通の点や真丸ではなく、わざわざ割れ目を入れています。同様に花押左下の大きな点も一度に太く書き入れるのではなく、数度筆を入れることで多角形を成しています。驚くべき用心深さと言いますか、当時の西日本の熾烈な争いを見事に反映しており、その中を勝ち残った人物に相応しい花押であると言えるでしょう。

毛利氏は石見銀山などから得た豊富な資金を幕府や朝廷に献上する事で、官位を獲得しており、元就自身も陸奥守、幕府相伴衆といった地位を得ているのですが、花押に関しては、将軍家の花押を模した「足利様」を採用していないように見えます。ちなみに、元就の子の隆元や孫の輝元は「足利様」を採用しているように見えます。

元就の花押が何を意味しているかについてですが、私が見た印象では、色々な見方が出来るのですが「元就」の名を裏返したり、横に倒したのに加え、幼名の「松寿丸」をも絡めてデザインされたものではないかと思います。

デザイン自体もイノシシやサイの横顔のようにも見え、戦国武将らしい力強さを感じる事も出来ます。



毛利元就公略歴:(1497-1571)

安芸国吉田郡山城主毛利弘元の次男、兄と甥の死によって家督を相続し、一族、家臣団の不満分子を粛清しつつ、次第に勢力を拡大する。

東に尼子氏、西に大内氏という強大な勢力に挟まれる中、両者の間を巧みに駆け引きし、その勢力を弱体化させ、弘治三(1557)年には大内氏を、永禄九(1566)年には尼子氏を滅ぼし、中国地方に強大な勢力を築く。

一方で北九州においては貿易港であった博多を巡り、豊後の大友氏と激しい争奪戦を繰り広げるも、最終的には大友氏と和睦し、その支配権を放棄する事になる。

長男隆元に先立たれる不幸に見舞われるも、その子輝元を後継者として据え、次男吉川元春、三男小早川隆景といった有能な一族に補佐させる体制を築き、尼子氏の残党の討伐や九州の大友宗麟、中央で台頭する織田信長の動向を睨みながら、75歳で大往生を遂げた。


花押とは?…文書に添えられる直筆の署名に類する印、サインの事を言います。現在でも、内閣総理大臣をはじめとする各閣僚が、それぞれ花押を用いて法令などにサインをしています。
その意匠は自身の名や理念、あるいは動物をデザイン化したものまで様々…その人柄を偲ぶことが出来ます


※ドーミング商品については、戦国グッズに限らず、下の写真のような、オリジナルデザインによる特典物など、お客様にご提案がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。(ウェブページ最上部の"CONTACT"をクリックして頂くと、メール・フォームが表示されます)


ハメパチ&ドーム商品サンプル


※ドーミング商品については、戦国グッズに限らず、下の写真のような、オリジナルデザインによる特典物など、お客様にご提案がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。(ウェブページ最上部の"CONTACT"をクリックして頂くと、メール・フォームが表示されます)

ハメパチ&ドーム商品サンプル


  • 画面の最初に戻る


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら