織田信忠 花押 携帯ストラップ/キーホルダー(2色刷/10種)
型番 織田信忠01
販売価格

880円(税80円)

購入数
仕様
カラー

オプションの価格詳細はコチラ

織田信忠 花押 携帯ストラップ/キーホルダー

価格(Sサイズ)¥880(税込)
サイズ:アクセサリー部分の一辺が約23mmの正方形

上の写真のような円形のMサイズは現在、販売しておりません。下の写真のようなSサイズのみの販売となります。


Sサイズを五百円硬貨と並べて大きさを比較してみました。(写真は織田信長公の図柄です)

フィルム状のステッカー台紙に印刷の上に、透明樹脂製のドーム・シールを手作業にて貼り付けて、耐久性や光沢感を出してあります。

下の写真のようにキーホルダー仕様もご用意しております。「仕様」欄にて選択出来ます(写真は足利尊氏の図柄です)。




携帯ストラップを選択いただいたお客様には、イヤホンジャック用ストラップパーツをお付けします。iPhoneをはじめとするスマートホンをご利用のお客様の一助になれば幸いです(写真は大石良雄の図柄です)。




色の組み合わせを選ぶことができます。下の色見本から選んで「カラー」欄にて選択して下さい。(見本には北条義時公の花押を使用しております。)

黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青



織田信長の嫡子で、後継者の地位にあった信忠公の花押を元に携帯ストラップ、キーホルダーに仕上げました。

花押の意匠は天下人の後継者に相応しい、よくまとまったものに見えます。若さや、勢いに任せたようなところがない、丁寧な筆致には、生真面目な性格や、高いレベルの教育を受けていた様子が窺えます。

父信長が「麟」の文字を元にした花押を使用していた事が良く知られていますが、恐らく、信忠も父の例に習って、何らかの理念を託した文字を元に花押をデザインしたと思われますが、意匠の由来については、はっきり判らないというのが、正直なところです。

そのまま「忠」という文字にも見えなくはないのですが…ただ、信忠は元服当初は「信重」を名乗っていて、その頃から花押の形態に変化が見られないそうです。となると先に花押に「忠」の文字を選んで、改名が後に来たのではないかと…これは私の根拠のない想像ですけれど。

聞いたことのない事例ですが、本能寺の変で父に殉じた最期を思うと、そうした考え方があってもおかしくはないかな…と思えるのです。



花押とは?…文書に添えられる直筆の署名に類する印、サインの事を言います。現在でも、内閣総理大臣をはじめとする各閣僚が、それぞれ花押を用いて法令などにサインをしています。
その意匠は自身の名や理念、あるいは動物をデザイン化したものまで様々…その人柄を偲ぶことが出来ます


  • 画面の最初に戻る


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら