豊臣秀次 花押 携帯ストラップ/キーホルダー(2色刷/10種)
型番 豊臣秀次01
販売価格

880円(税80円)

購入数
仕様
カラー

オプションの価格詳細はコチラ

豊臣秀次 花押 携帯ストラップ/キーホルダー

価格(Sサイズ)¥880(税込)
サイズ:アクセサリー部分の一辺が約23mmの正方形

上の写真のような円形のMサイズは現在、販売しておりません。下の写真のようなSサイズのみの販売となります。


Sサイズを五百円硬貨と並べて大きさを比較してみました。(写真は織田信長公の図柄です)

フィルム状のステッカー台紙に印刷の上に、透明樹脂製のドーム・シールを手作業にて貼り付けて、耐久性や光沢感を出してあります。

下の写真のようにキーホルダー仕様もご用意しております。「仕様」欄にて選択出来ます(写真は足利尊氏の図柄です)。




色の組み合わせを選ぶことができます。下の色見本から選んで「カラー」欄にて選択して下さい。(見本には北条義時公の花押を使用しております。)

黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青


豊臣秀吉の甥で、一度は秀吉の後継者として取り立てられたものの、実子秀頼の誕生で疎まれた末、失脚、滅亡してしまう悲劇の関白、豊臣秀次公の花押を携帯ストラップ/キーホルダーにしました。

秀次の花押は、左に伸びた一文字の鋭さが特徴的ですが、意外なのは、全体の意匠が明朝形式…徳川家康の花押でよく知られる形式を採用しているように見える事です。参考までに、下に徳川家康の花押を示してみましょう。



秀次も、叔父の秀吉と同じく、花押の形式は若い頃から一貫していたそうなので、家康からの影響というのは可能性が薄いかと思いますが…こうした花押を採用した経緯を知りたいですね。

秀次の花押の大きな特徴である鋭い一文字は、恐らく「次」の文字を裏返した形を元に花押をデザインした所から来ていると思われます。ただ、攻撃的な印象を与える花押でもあり、後に秀吉の猜疑心を煽ってしまったのかなぁ…という気もします。



※ドーミング商品については、戦国グッズに限らず、下の写真のような、オリジナルデザインによる特典物など、お客様にご提案がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。(ウェブページ最上部の"CONTACT"をクリックして頂くと、メール・フォームが表示されます)

ハメパチ&ドーム商品サンプル


  • 画面の最初に戻る


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら