豊臣秀吉 花押 携帯ストラップ/キーホルダー(2色刷/10種)
型番 豊臣秀吉01
販売価格

880円(税80円)

購入数
仕様
カラー

オプションの価格詳細はコチラ

豊臣秀吉 花押 携帯ストラップ/キーホルダー

価格(Sサイズ)¥880(税込)
サイズ:アクセサリー部分の一辺が約23mmの正方形

上の写真のような円形のMサイズは現在、販売しておりません。下の写真のようなSサイズのみの販売となります。


Sサイズを五百円硬貨と並べて大きさを比較してみました。(写真は織田信長公の図柄です)

フィルム状のステッカー台紙に印刷の上に、透明樹脂製のドーム・シールを手作業にて貼り付けて、耐久性や光沢感を出してあります。

下の写真のようにキーホルダー仕様もご用意しております。「仕様」欄にて選択出来ます(写真は足利尊氏の図柄です)。




携帯ストラップを選択いただいたお客様には、イヤホンジャック用ストラップパーツをお付けします。iPhoneをはじめとするスマートホンをご利用のお客様の一助になれば幸いです(写真は大石良雄の図柄です)。




色の組み合わせを選ぶことができます。下の色見本から選んで「カラー」欄にて選択して下さい。(見本には北条義時公の花押を使用しております。)

黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青



身分の壁を乗り越えて、天下人にまで登りつめ、Japanese Dreamを達成した豊臣秀吉公の花押です。

何とも前向きな力強さといいましょうか、夢や希望、野心の強さを感じさせる花押だと思いますが、これは「悉」という漢字を象ったものと言われています。

この他「秀吉(ひでよし)」という読みを音読すると「しゅうきつ」と読めますが、その冒頭と末尾の文字から「しつ」と読める漢字を選んだとも、「悉く(ことごとく)」という意味から取ったとも言われていますが、恐らく、両方の意味合いから選んだのでしょう。

こうした秀吉の花押の意匠は、木下藤吉郎時代から一貫して使用され続けてていますので、「悉く(ことごとく)」の持つ意味あいも、織田家臣時代と信長死後とでは、変化があったと思われます。

日本史上、秀吉ほど劇的な人生を歩んだ人物は、なかなか他に例がないと思いますが、それに伴って花押のデザインを変えなかったというのも珍しい気がします。実際、織田信長や徳川家康は、年齢を経るに従って変えているのですが…。

ただ、早くからこのような立派な意匠の花押を使用していたという事実から考えると、秀吉という人物は、武芸などの武士としての資質はさておき、学識という面では、早くから、それなりの教養を持っていたと思われ、信長による重用とそれに応えて成果を残し、立身出世を遂げていく下地は花押からも窺えると言えるでしょう。



※ドーミング商品については、戦国グッズに限らず、下の写真のような、オリジナルデザインによる特典物など、お客様にご提案がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。(ウェブページ最上部の"CONTACT"をクリックして頂くと、メール・フォームが表示されます)

ハメパチ&ドーム商品サンプル


  • 画面の最初に戻る


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら