吉川広家 花押 携帯ストラップ/キーホルダー(2色刷/10種)
型番 吉川広家01
販売価格

880円(税80円)

購入数
仕様
カラー

オプションの価格詳細はコチラ

吉川広家 花押 携帯ストラップ/キーホルダー

価格(Sサイズ)¥880(税込)
サイズ:アクセサリー部分の一辺が約23mmの正方形



上の写真のような円形のMサイズは現在、販売しておりません。下の写真のようなSサイズのみの販売となります。


Sサイズを五百円硬貨と並べて大きさを比較してみました。(写真は織田信長公の図柄です)

フィルム状のステッカー台紙に印刷の上に、透明樹脂製のドーム・シールを手作業にて貼り付けて、耐久性や光沢感を出してあります。

下の写真のようにキーホルダー仕様もご用意しております。「仕様」欄にて選択出来ます(写真は足利尊氏の図柄です)。




色の組み合わせを選ぶことができます。下の色見本から選んで「カラー」欄にて選択して下さい。(見本には北条義時公の花押を使用しております。)

黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
黒地に白白地に黒黒地に金金地に黒青地に赤
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青
緑地に金赤地に金青地に緑青地に黄黄地に青



関ヶ原の合戦において、徳川家康に主家である毛利軍の不戦を誓い、家名存続を策すも、結局は大幅減封の憂き目に遭ってしまい、面目を失う羽目になった吉川広家公の花押です。

吉川広家は父元春の三男にあたり、本来、吉川家を相続する立場にはなく、若い頃は経言と名乗っていました。それが父と兄の相次ぐ急死を受けて、家督を相続したのです。

更に後には主家の家名存続に関わる大事にも直面と、波乱続きの生涯にあったせいでしょうか、花押の意匠も頻繁に変えています。

この花押については、宇喜多秀家の花押と類似点があるように思います。早くに死別してしまいますが、広家は宇喜多秀家の姉を妻に迎えていました。ちなみに秀家の父、宇喜多直家の花押と、両者の花押とは全く違う意匠です。

貴公子然とした秀家の花押に比べると書き慣れていないようにも見えますが、両者の関係や当時の花押の意匠面での流行のようなものが窺えるかと思います。



花押とは?…文書に添えられる直筆の署名に類する印、サインの事を言います。現在でも、内閣総理大臣をはじめとする各閣僚が、それぞれ花押を用いて法令などにサインをしています。
その意匠は自身の名や理念、あるいは動物をデザイン化したものまで様々…その人柄を偲ぶことが出来ます


  • 画面の最初に戻る


  • 画面の最初に戻る
  • Cart
    Category


    Profile

    Ryusaku

    歴史ファンだけではなく、誰もが使えるデザインで、より多くの方々に歴史や文化財への興味や関心を深めてもらえれば、と考えております。

    Mail Magazine
    メルマガ登録・解除はこちら